タイヤ交換



車体からタイヤを外す作業です

インパクトレンチでホイールに傷がつかないように、
慎重にホイールを車体から外します。

ホイールからタイヤを外す作業

ベテランスタッフが細心の注意を払い、ホイールからタイヤを外します。

タイヤ取り付け面の清掃

ホイール裏側(タイヤの接着面)についたゴムのカスやサビをブラシ等で取り除きます。
これらが付着したままだと、エアー漏れを起こす可能性があります。

ゴムバルブの交換(金属バルブは除く)

ゴムバルブを使用しているホイールにつきましては、
当店では必ず、新品のゴムバルブに交換します。
(今は良くても、この先3年くらいは使用するので・・・)

タイヤの組み込み

ホイールを傷つけないように、裏側からタイヤを組み込みます。
次に軽点マークに合わせて表側も組み込みます。

エアー(窒素ガス)を充填

当店では全タイヤに窒素ガスを充填しております。(別料金はいただきません)
ホイールもタイヤもメーカーによって、大きさが微妙に変わっているため、
いったん通常より高めのエアーを充填し、
”パーン”という音をたてて、密着させます。
その後、バルブコア(ムシといわれるもの)を差し込み、規定の空気圧に調整します。

バランス調整

スチールホイールの場合、リムに打ち込みタイプのウエイトを打ち込みます。
打ち込みができないアルミホイールは裏側で貼り付けウエイトにてバランス調整します。

ホイールの洗浄

イールの裏側、外側に洗剤を付けて、よく汚れを取り除いた後、洗い流します。
BMWやメルセデスに多い、真っ黒なブレーキパッドの汚れも、
容易に落とせる洗剤も用意しております。

車両への取り付け(1)

対角線上にナットを指で締めて行きます。
取り付け時のホイールセンターを出す一番大事な作業です。
純正ホイールに採用されているストレートナットもこの作業を行わないと、
センターが出ないことが多いです。

車両への取り付け(2)

十字レンチを使い、対角線上に締めこんでいきます。

車両への取り付け(3)

フットブレーキでホイールを固定し、
トルクレンチを使い規定トルクで締めこんでいきます。

仕上げ

タイヤワックスを塗布し仕上げます。


”お待たせいたしました”

タイヤマーケット

担当:枡形(ますがた)

愛知県豊橋市神野新田町ロノ割35-3 TEL : 0532-32-7561 FAX :0532-33-0828
営業時間:9:00〜19:00 定休日:毎週水曜&第3火曜

ブリヂストンタイヤショップ契約店  ヨコハマタイヤ取扱店
ダンロップタイヤ取扱店  ミシュランタイヤ取扱店  トーヨータイヤ取扱店